粉状の白色顔料

粉末

安全性も活用度も高い

酸化チタンは白色顔料で、光触媒として有名です。天然鉱石の金紅石や鋭錐石、板チタン石などから採取できます。光触媒とは、光が当たったときに早く化学反応が進むもののことです。酸化チタンに紫外線が当たると電子と正孔ができ、電子が酸素と、正孔が水に反応し2種類の活性酸素が発生します。この活性酸素が汚れを分解したり臭いを除去したりするので、様々な生活用品や工業用品に役立てられています。工業材料の酸化チタンは粉状です。塗料や紙、プラスチックの原料になり、さらに歯磨き粉やデザートのクリームにまで用いられるほど安全性は高いです。そして紫外線を吸収、もしくは乱反射するので、大抵のUVカット製品に酸化チタンが使われています。それに加えてナイロンやアクリルなどの化学繊維に練りこむことでUVカット素材ができるので、洋服や帽子、日傘など、ありとあらゆるUVカット製品に使われています。製造段階で酸化チタンを練りこむので、UVカット効果は長持ちしますし、日差しの強い日でも衣服内の温度上昇を防ぐことが可能です。酸化チタンの今後の活用法について挙げられているのは、カードやフィルムなどの用途です。元々白色粉末の酸化チタンですが、粒子の分散技術を使うことで透明なプラスチックフィルムを作ることに成功しています。この技術は、クレジットカードなどのカード類を薄型にすることが可能になったということです。さらに屈折率を液晶などに使うことで、もっと色鮮やかな画像にすることが可能だとも考えられています。

おすすめ記事一覧

メンズ

様々な用途で使われている

人体や環境への影響が無いので安心して利用できるのが酸化チタンです。酸化チタンを提供している業者では常に優れたものを開発するように努力を続けています。ファンデーションや外壁の原料等様々な場所で使用されています。

詳しく見る

ヒーター

主に電気加熱方式が主流

シースヒーターは、電気抵抗により熱を発生する金属体をシースで保護したタイプで家庭でも電気ストーブや給湯などのシーンで幅広く見られます。電気代がかかる課題が存在しますが、軽量化や小型化、簡易設計に優れており、機器自体もそれほど費用がかからず、メンテナンスに向いているメリットもあります。

詳しく見る

アクリル板

丈夫なガラスの代用品

アクリル板は同じ大きさではガラスより2倍ほどの値段がしますが、軽くて割れにくいため家庭や産業界で利用されています。他にも透過性が高かったり、高電圧に耐えられたり、加工がしやすかったりと工場のセンサーなどに利用されています。

詳しく見る

Copyright© 2018 アクリル板の依頼【温めることによって柔らかくして好きな形に加工】 All Rights Reserved.