形状や耐熱温度で選ぶ

レディ

オーダーメイドの製品も

工業用ヒーターが物体を温める方法は大きく3種類に分けることができます。ひとつは素材の内部に直接ヒーターを投入して温める方法で、代表的な例としては電気温水器が挙げられます。工業用としては潤滑油やメッキ液の加熱などが主な用途です。次に電気ストーブのように輻射熱を利用して温める方法で、工業用では塗装面の焼き付けや洗浄後の乾燥処理などに用いられます。また金属製の容器や輸送管に取り付け、対象を間接的に温める方式のヒーターもあります。アスファルトの施工時に使うドラム缶ヒーターなどが代表例です。それぞれの方式ごとに多種多様な形状があるので、温める物質の性質や耐熱温度に応じて最適なヒーターを選ぶことが大切です。ヒーターを選ぶときは温度調節システムにも気を配らなければなりません。素材によっては微妙な温度調節ができないと、製品が変質したり作業効率が落ちたりする可能性があります。しかしいたずらに高性能なヒーターを選ぶと、コストが高くなり無駄が多くなります。迷ったときは専門メーカーに相談すれば、コスト面も含めて適切なアドバイスを受けられるでしょう。また汎用的なヒーターでは十分な機能を果たせないときは、オーダーメイドで個々のラインに合わせたヒーターを製作することもできます。特殊な製品を扱っていたり、過酷な環境で使用したりする場合に検討するとよいでしょう。作業にぴったりのヒーターを選ぶことで、能率の向上とコストダウンを両立させられます。

おすすめ記事一覧

メンズ

様々な用途で使われている

人体や環境への影響が無いので安心して利用できるのが酸化チタンです。酸化チタンを提供している業者では常に優れたものを開発するように努力を続けています。ファンデーションや外壁の原料等様々な場所で使用されています。

詳しく見る

ヒーター

主に電気加熱方式が主流

シースヒーターは、電気抵抗により熱を発生する金属体をシースで保護したタイプで家庭でも電気ストーブや給湯などのシーンで幅広く見られます。電気代がかかる課題が存在しますが、軽量化や小型化、簡易設計に優れており、機器自体もそれほど費用がかからず、メンテナンスに向いているメリットもあります。

詳しく見る

アクリル板

丈夫なガラスの代用品

アクリル板は同じ大きさではガラスより2倍ほどの値段がしますが、軽くて割れにくいため家庭や産業界で利用されています。他にも透過性が高かったり、高電圧に耐えられたり、加工がしやすかったりと工場のセンサーなどに利用されています。

詳しく見る

Copyright© 2018 アクリル板の依頼【温めることによって柔らかくして好きな形に加工】 All Rights Reserved.