丈夫なガラスの代用品

アクリル板

ガラスより優れている面

ガラスは建築物に使ったり、テーブルなどの家具にも使われている素材ですが、割れる危険があることと重量が重いといったマイナス点があります。そこで割れにくく、軽いアクリル板を代替え品として使ったり、割れたら困るような場所に使われるようになってきました。アクリル板はガラスと比べると、同じ大きさで同じ厚さのものになると価格はほぼ2倍程度になります。価格が高くなってしまうため、特に広い面積をガラスと変えて覆うような場合には使いにくい素材と言うことはできますが、様々な用途を持ったアクリル板が開発されてきたため家庭だけでなく産業界でも利用価値があがっている素材です。アクリル板の光の透過性は93%あり、ガラスの92%より上まっています。より高い透過性を誇るアクリル板も開発されていて、透過性が高いということで単純に見やすくなるというだけでなく、工場などで使われるセンサーではガラスより高い信頼性を得ることができます。また、アクリル板は割れる危険性が少なく、ガラスの10倍以上の強度があるので安全性に優れています。高電圧にも耐えることができるので、電気や電子機器の工場では、装置の保護にアクリル板が利用されています。アクリル板は強度は高いけれども加工がしやすい特徴もあります。ガラスでは複雑な形に加工できませんが、アクリル板を使えば必要なところにあわせてカットしたり、曲げたりと自由自在に形状を作成することができます。

おすすめ記事一覧

メンズ

様々な用途で使われている

人体や環境への影響が無いので安心して利用できるのが酸化チタンです。酸化チタンを提供している業者では常に優れたものを開発するように努力を続けています。ファンデーションや外壁の原料等様々な場所で使用されています。

詳しく見る

ヒーター

主に電気加熱方式が主流

シースヒーターは、電気抵抗により熱を発生する金属体をシースで保護したタイプで家庭でも電気ストーブや給湯などのシーンで幅広く見られます。電気代がかかる課題が存在しますが、軽量化や小型化、簡易設計に優れており、機器自体もそれほど費用がかからず、メンテナンスに向いているメリットもあります。

詳しく見る

アクリル板

丈夫なガラスの代用品

アクリル板は同じ大きさではガラスより2倍ほどの値段がしますが、軽くて割れにくいため家庭や産業界で利用されています。他にも透過性が高かったり、高電圧に耐えられたり、加工がしやすかったりと工場のセンサーなどに利用されています。

詳しく見る

Copyright© 2018 アクリル板の依頼【温めることによって柔らかくして好きな形に加工】 All Rights Reserved.